著者アーカイブ: admin

ネイル関係のお仕事に就きたい、ネイルを自宅でやる場合の知識をもっと高めたいという場合、ネイルスクールに行ってみましょう。
ネイルのお仕事にいわゆる国家資格というのはありません。しかしながら、民間のさまざまな検定があり、それらを取得するための知識や技術を効率よく学べます。
ネイリストの資格で主流はJNECネイリスト技能検定試験やJNAジェルネイル技能検定試験です。まずはネイリストの3級とジェルネイルの初級は持っておいたほうがよいでしょう。その他にもアメリカなど海外ライセンスもあります。現地のネイルスクールに留学して受験するのが一般的ながら、中には日本にいながらにして海外ライセンスを取得できるコースもあるので、調べて利用してみるのもよいでしょう。
ネイリストになるには資格が必ずしも必要ありません。国家資格のようなものはないため必須ではないのですが、やはりお客様の手や足の爪を扱う以上、知識と技術があった方が信頼感が違いますし、就職にも有利です。
さまざまな道具が必要となるため独学で勉強するのは難しいです。ネイルスクールに行った方が必要な知識を短期間で身につけられますし、スクールの道具を使って様々な経験ができます。そして、合格率アップにつながります。

ネイルスクールは全国にさまざまなところがあります。ただの趣味や習い事としてやってみたいのであれば予算に合わせておしゃれなところを選ぶようにすればよいでしょう。
ただ、将来ネイル関係の仕事に就きたいというのであれば必要となる検定試験の合格率が高いところを選んだほうがよいでしょう。
ネイリストとして活躍するために必須とも言えるJNECネイリスト技能検定試験やJNAジェルネイル技能検定試験はいずれもJNAが開催しています。そのためJNA認定校であるかどうかというのも選ぶ基準となってきます。認定のネイルスクールの方が試験に即して授業を進めてくれますし、試験対策コースというのも用意されています。
もちろん、非認定校でも講師の技術が高くきちんと教えてくれる学校もあります。
最近はネイリストの仕事というと人気のため、他の職種から転職を希望したり、育児がある程度落ち着いたから自宅でサロンを開きたいと考える方も増えてきました。仕事や育児を継続しながら検定試験の勉強をして、となると大変でしょうが、ネイルスクールには夜間学校や通信講座があるところもあります。そういった忙しい人ほど独学よりスクールを利用して効率よく合格率をあげられるほうがおすすめなのです。